Home » 未分類 » 大人になるまで発症する場合があります。

大人になるまで発症する場合があります。

分離不安障害に関しては、子どもだけが対象ではなく、大人になるまで発症する場合があります。
中学生や高校生で起こる分離不安とは、身体的なトラブルが見られることで明らかになることがよくあるとされています。
頭痛や腹痛以外にも微熱が続いたりする症状があり、悪化すると自律神経失調症や過敏性腸症候群などの問題を患う恐れも十分にあります。
起きているのが夜になってしまうことも少なくなく、朝の登校する時間に起きられなくなる子どもも見受けられます。
中学生や高校生の子がいる家の親は、できる限り早期に通学できるようにと気持ちが焦りますが、分離不安の子どもにはこうした考えは逆効果です。
まずは分離不安を解消することを考え、一般論はこの際排除して、器用に対応を行っていくのが子どもを悩みから解放してやれる方法です。
何もせずに一日過ごしていたとしても、気持ちにゆとりを持って見守る心が大切です。
分離不安に関しては、不安に感じるわけを突き止めることが治療に必要なのですが、早急に事態を打開しようとして理由を言うように強要してしまうと逆に口をつぐんでしまうでしょう。
子どもが言ってきたときには、話の途中で意見を言ったりするのではなく、話し終えるまで耳を傾けましょう。
子どもが知らせようとしている中身をきちんと聞いて把握することが大事なのです。
登校させたい気持ちを出し過ぎるのはむしろ悪化させる可能性が高いですし、嘆願口調や命令口調もタブーです。
子どもの状態をじっくり見ることを第一に考え、不安だからと勝手に子どもの所持品や部屋をチェックしてはいけません。
中高生に見られる分離不安では、家族療法やカウンセリングを行う治療などが有効だと言われています。
凝り固まった親の考えをなくして、子どもと親が共に楽になることができるような治療をするのです。