Home » 未分類 » 分離不安と言われているものは

分離不安と言われているものは

分離不安と言われているものは、小さい子どもが母親から離れると同時に激しく泣いてしまったり、お母さんのところに行こうとする行動を指します。
1歳近くにもなれば、子どもというのは両親に対して安心感を持ちもっとも大切な存在であると分かります。
ただ、このあたりの子どもは記憶力や時間の感覚を身に付けていないため、親が目の前から消えた途端にまた自分の元に戻ってくるのかわからないので不安になると言われています。
待っていれば戻ってくると判断できるようになると、不安感は減少していくでしょう。
この症状は、子どもとお母さんの関係が問題ないという表れだと考えられますが、余計に反応が見られるようであれば、その反応に悩まされることになります。
大抵は、3歳ほどまで大きくなれば分離不安の症状は見受けられなくなります。
そのため、このあたりまでは経過を見ていくくらいで問題ありません。
けれど、それが長期化してしまうと、その後の学校生活などで多大な妨げとなることでしょう。
家から外に出ていくことに不安を感じてしまい外出を受け入れない・親と離れることが不可能・悪夢を見たりお腹や頭に痛みがあることを主張したり、ひとりきりでは寝付けないなどといった症状が出てきます。
足を運んだ経験がないところに行くことに対し不安を覚えることは往々にしてありますが、この症状が著しいままおさまらないようなら分離不安になっているのではないかと考えてみましょう。
非常に大きな不安症状が1ヶ月経っても継続しているようであれば、医師の診断を受けることを考えましょう。
専門医の確かな治療が子どもの不安を撃退するための力になり、気分を軽くしてくれるはずです。