Home » 未分類 » 分離不安の症状が出ている子ども

分離不安の症状が出ている子ども

分離不安の症状が出ている子どもは、常に何らかの不安を有していると考えられています。
子どもが安心できると感じている家や人などの対象から距離を置くと、大きな不安に包まれて苦しい状況に追い込まれます。
目に見えるところにいない人のことを気に掛ける特徴があり、安否が分かるまで正常な状態に戻れないぐらい不安を感じるようです。
共にいないときに、信用をしている人が変なことに巻き込まれてしまうのではと気掛かりになるのです。
これにより、自分で外に出ることが不可能になったり、自宅にいたとしても自分一人だけで部屋の中にいることができない子どももいるのです。
このような場合、決して親との距離を開けず家の中でも親から離れられません。
分離不安の子どもというのは、自分一人で眠ることも困難なのです。
自分が熟睡するまで、離れてほしくないなどと話す子どもも相当数います。
眠った後も悪夢に苦しむ子どもも多く、家族などに悪いことが起きる夢を見てしまいさらに不安を感じる場合もあります。
距離が開いているという心細さから身体的な異常が生じるケースもあり、腹痛や頭痛、そして下痢などの症状が考えられます。
身体の調子が悪いと言われた親は、この症状が分離不安に起因するものであると認識できないときがあります。
不安を覚えることによって先述の症状が出ることは稀なものではないので、分離不安には身体的症状も入っていることを忘れないようにしましょう。
こういった症状が1ヶ月以上おさまらないなら、分離不安障害であると判断される恐れがあり、治療を受けなければなりません。
早期に治療を行うことにより、自分で気持ちを管理することが可能になるため、決して放っておかないようにしましょう。