Home » 未分類 » 子どもが育っていく段階で

子どもが育っていく段階で

だいたい15%の子どもが育っていく段階で不安障害を抱えるとされていて、分離不安もこの中の一つだと言えます。
不安障害は一種類だけでなく、分離不安に限らず、恐怖障害・強迫性障害・パニック障害・特定恐怖症・急性および外傷後ストレス障害があります。
治療はできるだけ早期に取り組むのが適切で、悪くなってしまう前に対策を取ることが重要です。
分離不安障害の治療というのは、発症した年齢に見合った治療が施されます。
薬物療法を始めとして認知行動療法、遊戯療法、家族療法といった手法を選択して治療を始めます。
遊戯療法というのは、3歳から12歳の子どもに対してよく効くと言われる治療で、遊んでいるうちに気持ちのバランスを取ることや自分以外の人との交わり方に関して学習していくことができます。
遊んでいると子どもの発達具合を捉えることができて、果たして子どもが心のうちにどんな迷いを秘めているのかというのを見ることができます。
認知行動療法については、物事を良くないほうに考えやすい傾向にある子どもを分析するのが最初です。
正常な人とは異なる偏った考えを持つ思考回路を好転させることを目標としています。
偏りのある思考パターンから、前向きに考えられるように導いてくれます。
家族療法というものは、分離不安障害を患う子どもだけでなく、いつも一緒にいる家族にもアプローチするものです。
家族全体の問題として取り組む治療であり、子どもに焦点を当てながら家族が一丸となって一つのグループを作り、相互治療を施しながら効果を上げていきます。
薬物療法に関しては、抗不安薬を用いて治療するやり方となります。
治療はすぐに終わらせようとするのではなく、完全に治ってしまうまでコツコツと継続することが肝心なのです。